本文へスキップ

一人ひとりはかけがえのない存在。多様性を尊重し生きる力を育む。私立認可保育園(大阪市生野区)

TEL:06-6712-2020

〒544-0032 大阪市生野区中川西2-5-15

苦情・要望対応complaint

ご意見・ご要望の解決のための仕組みについて

愛信保育園は、皆さまから寄せられた苦情に対し、更によりよいものにしていけるよう、ご意見を建設的に積み上げてまいります。 ここでは個人情報を含むものや保護者様が拒否された場合を除き、このページで公開し、今後の業務の改善に取り組んでいきます。

日々の保育やお子様について、気になることやご相談などありましたら、気軽にお声をかけてください。
TEL:06-6712-2020

苦情の申し出から解決までの流れ

  • 1. 苦情は面接、電話、ファックス、メール、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。
     なお、第三者委員に直接苦情を申し出ることも出来ます。
  • 2. 受付した苦情はすべて、苦情解決責任者に報告します。
  • 3. 苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意を持って話し合い、解決に努めます。
     その際、苦情申出人は、第三者委員の助言や立会いを求めることができます。
  • 4. 苦情解決責任者は、解決内容または改善内容を書面にし、サービスの質や信頼性の向上に
     努めます。
苦情の申し出から解決までの流れ

苦情・要望内容と対応


年月 苦情・要望内容 改善対応
2019/2 <申出人:保護者>
午前中、うんてい近くで遊んでいたとき、AがSに砂をかけた。そばにいた他クラスの担任がAを注意しSの服についた砂を払った。 わざとではなく手をぱっと上にあげたときにかかったとの認識だった。夜、家でSの髪の毛をほどいた時、砂がでてきて驚いた母が本人に事情を訊くと、 Aがかけたこと、以前にもあるし手を踏まれたこともあると話した。担任からは何も説明がなかったので、母が電話で状況説明を求めたが、 担任も含めほとんどの職員が退職後だったので経緯の説明ができなかった。
<対応者:園長・砂場にいた保育士>
そばにいた保育士は頭にまでかかったとは思わず、服についた砂を払ったと説明。 園長がSに訊くと、わざとかけられたと言ったので、顔にかかると目や口に入って危ないことをAに話しておくと伝えた。 保護者には生じた事態について必ず両者の言い分を確認し、ケガの確認と職員間の連絡、両者の気持ちの代弁、橋渡し、共感を忘れずに行うことを伝えた。
2018/8 <申出人:保護者>
クラスの男子が椅子を投げたりするところを送迎の保護者が見ていて、ふるまいが乱暴との話が他の保護者からでている
<対応者:園長>
本児に対して個別の対応を心がけ、気持ちを受けめることや友だちとの橋渡しをしているが、一朝一夕には改善できないので、 これから時間をかけて良い関わりができるようにしたいと伝えた。
2018/7 <申出人:保護者>
日本の伝統行事(七夕、子どもの日、節分、ひな祭り等)をなぜしないのか?鯉のぼりを作ったり、短冊を書いたりしないのは理由があるのか。
<対応者:園長>
日本の行事だからやらないのではなく、キリスト教の保育園として宗教がらみの行事が多いことと関連していると説明。 七夕や節分などは行事としては行わないが、子どもたちには説明をしたり絵本を読んだりする。 七夕で星に願いをかけることなどはキリスト教の唯一絶対神と相反することなど説明した。 園には様々な国の子どもたちがいるので、他の国が大切にしている行事や文化は子どもたちにも伝えていきたい。
2018/7 <申出人:保護者>
祖母がお迎えの時に本児(孫)がお友だちを噛んだことで担任に叱られていたが、頭をこずかれていたので何故そのようなことになったのか聞きたい。 母は祖母(実母)からその話を聞き、悪い事をしたら叱られるのは当然だが、頭をはたかれるのは納得がいかない。 年度当初の保育内容説明会で、子どもを後ろから急に抱き上げたり腕を引っ張ったりなど、「大人にしないことは子どもにもしない」と園長から聞いている。
<対応者:園長・担任>
担任は叩くことは絶対にしていないこと、歯型がはっきりつくほどの噛み方だったので、下を向いていた本児の顔をあげ、目を見て話そうとしておでこに手をあてた。 叱る時、こちらに注意を向けさせる方法は他に色々あったと思うのでこれからは注意したい。申し訳なかったと伝えた。 1才児はまだ言葉が十分でないので、思いを伝えられず噛んでしまうことがある。できるだけ大人が子どもの気持ちを代弁して橋渡しするように心がけていると説明した。
2018/3 <申出人:保護者>
保護者会役員をくじ引きで決めることになったとの手紙を読み(保護者会配布)、保護者会のあり方や選出方法についての疑問。
<対応者:園長>
保護者会の役員になる人がいない為、現役員が次年度にむけてくじ引きで選ぶ方法を考えたこと、様ざまな意見や考えを反映し、 子どもたちの豊かな育ちや保護者間の交流、親睦につながる働きを、保護者とともに考えていきたいと伝えた。
2017/5 <申出人:保護者>
お迎えの時、胸にひっかき傷があることに担任が気づいていなかった。 午睡時にとなりの友だちとふざけていた時についたのかもしれないが、最近(一か月以内)も同じ相手からひっかかれたことがあったので、きちんと注意してほしい。
<対応者:園長、担任>
午睡の時にふとんを離すこと、ひっかいた園児の保護者に今日のことと、爪を切って頂くよう伝えることでご理解いただいた。
2017/4 <申出人:保護者>
お迎えの時、「粘土ケースに名前が書いていなかったので今日は粘土ができなかった」と長時間担当の保育士に言われた。 名前が書いていないからという理由でやらせないというのはおかしいのではないか。
<対応者:園長、主任>
担任に確認したところ、朝の受け入れの時、粘土ケースに名前が書いていなかったので、お迎えの時に記名して頂くよう伝えてあった。 長時間の時は保護者に渡すため粘土ケースを別の場所においていたことから「今度しようね」と声かけしたとの説明でご理解して頂いた。

愛信保育園

〒544-0032
大阪市生野区中川西2-5-15
TEL. 06-6712-2020
FAX. 06-4303-4778